ルート&ビューポイント

田麦俣

豪雪地帯の風土と狭い谷あいの土地柄での生活から、中が四層構造の「兜造り」が美しい多層民家が今も残っています。
田麦俣は湯殿山信仰が盛んになるにつれて宿場として栄え、昭和30年代には32戸の多層民家が残っていました。

写真
 
昭和30年代の多層民家群
写真
 
写真
写真
 
写真
写真
 
写真
写真
 
写真
 
田麦俣分校
写真
 
時計台
 
写真
 
田麦俣石碑群
写真
 
晩秋の田麦俣